【メキシコペソ円のFXスワップポイント比較推移】(2019年7月1日から7月7日実績)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

メキシコペソスワップ派の佑菜です。先週のメキシコペソ円を取り扱っているFX会社のスワップポイントの比較推移、実績報告です。

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。スワップポイント投資の収益の源泉であるスワップポイント付与額の推移は要チェック項目です。

侑(Yuu)

メキシコペソ円のスワップポイント付与額をFX会社別に週間ランキング(7月1日~7月7日)

メキシコペソ円を取り扱っているFX会社の週間スワップポイント付与額とランキングは以下のとおりです。データは公式ホームページよりスワップポイント履歴を公開している会社を集計。

※日別のスワップポイントの付与額は「週間スワップポイント付与額順位」の後に「日別詳細」を載せています。

店頭FXサービス会社(2019年7月1日~2019年7月7日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
トレイダーズ証券(みんなのFX) 95.3円
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 95.3円
FXプライムbyGMO 96円
マネーパートナーズ(パートナーFX) 77円
マネーパートナーズ(nano) 84円
ヒロセ通商 98円
サクソバンク証券 79.08円
セントラル短資FX
(FXダイレクトプラス)
105円
マネースクエア 77円
GMOクリツク証券(
FXネオ)
77円

※単位は10,000通貨当たり

くりっく365サービス取り次ぎ会社(2019年7月1日~2019年7月7日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
GMOクリック証券 88.7円
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
FXブロードネット

※くりつく365は取引単位が10万通貨の為、10,000通貨当たりに換算

1位がセントラル短資FX(FXダイレクトプラス)です。2位はヒロセ通商(LION FX)です。3位はFXプライムbyGMOの(選べる外貨)です。何と常に上位3社には入っていたトレイダーズ証券が4位に転落です。ほんと1年前では考えられません。まさに下校上のFX業界です。

佑菜(Yuna)

日別スワップポイントの詳細(2019年7月1日~7月7日)

FX会社別の日別のスワップポイントの付与額です。

FX会社
/日
1 2 3 4 5 6 7
トレイダーズ証券(みんなのFX) 27.8 41.7 0 12.9 12.9
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 27.8 41.7 0 12.9 12.9
FXプライムbyGMO 15 24 45 0 12
マネーパートナーズ(パートナーFX) 22 33 0 11 11
マネーパートナーズ(nano) 24 36 0 12 12
ヒロセ通商 13 16 36 16 17
サクソバンク証券 11.52 22.46 33.9 0 11.2
セントラル短資FX(FXダイレクトプラス) 15 30 45 0 15
マネースクエア 11 22 33 0 11
GMOクリツク証券(
FXネオ)
22 0 33 11 11
以下はくりつく365取り次ぎサービスです。
GMOクリック証券 25.5 37.7 0 12.4 13.1  ー
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
FXブロードネット

1日あたりのスワップポイントの最高額はヒロセ通商5日の17円でした。トレイダーズ証券のスワップポイントが下がりました。先週16.3から14.9に下がり今週12.9円です。これでセントラル短資FXの一強時代の確定ぽい。あとはGMOクリツク証券(FXネオ)がメキシコペソの取扱いを開始します。スワップがホームページで公開されました。

佑菜(Yuna)



この記事を書いている人 - WRITER -