【メキシコペソ円のFXスワップポイント比較推移】(2019年4月15日から4月21日実績)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

メキシコペソスワップ派の佑菜です。先週のメキシコペソ円を取り扱っているFX会社のスワップポイントの比較推移、実績報告です。

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。スワップポイント投資の収益の源泉であるスワップポイント付与額の推移は要チェック項目です。

侑(Yuu)

メキシコペソ円のスワップポイント付与額をFX会社別に週間ランキング(4月15日~4月21日)

メキシコペソ円を取り扱っているFX会社の週間スワップポイント付与額とランキングは以下のとおりです。データは公式ホームページよりスワップポイント履歴を公開している会社を集計。

※日別のスワップポイントの付与額は「週間スワップポイント付与額順位」の後に「日別詳細」を載せています。

店頭FXサービス会社(2019年4月15日~2019年4月21日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
トレイダーズ証券(みんなのFX) 93.5円
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 93.5円
FXプライムbyGMO 90円
マネーパートナーズ(パートナーFX) 72円
マネーパートナーズ(nano) 79円
ヒロセ通商 111円
サクソバンク証券 78.48円
セントラル短資
(FXダイレクト)
105円

※単位は10,000通貨当たり

くりっく365サービス取り次ぎ会社(2019年4月15日~2019年4月21日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
GMOクリック証券 94.5円
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
FXブロードネット

※くりつく365は取引単位が10万通貨の為、10,000通貨当たりに換算

1位は初登場のヒロセ通商(LION FX)です。2位はセントラル短資(FXダイレクトプラス)です。3位がGMOクリック証券に代表される公設取引所FXサービス(くりつく365)です。常勝のトレイダーズ証券の(みんなのFX)と(LIGHT FX)は上位から陥落です。ヒロセ通商が初の首位奪取です。ヒロセ通商のスワップポイントがどうなるか?今後に要注目です。

佑菜(Yuna)

日別スワップポイントの詳細(2019年4月15日~4月21日)

FX会社別の日別のスワップポイントの付与額です。

FX会社
/日
15 16 17 18 19 20 21
トレイダーズ証券(みんなのFX) 65 13 0 0 15.5
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 65 13 0 0 15.5
FXプライムbyGMO 15 60 15 0 0
マネーパートナーズ(パートナーFX) 50 11 0 0 11
マネーパートナーズ(nano) 55 12 0 0 12
ヒロセ通商 15 16 45 17 18
サクソバンク証券 11.14 56.47 10.87 0 0
セントラル短資 15 75 15 0 0
以下はくりつく365取り次ぎサービスです。
GMOクリック証券 67.7 13.1 0 0 13.7  ー
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
FXブロードネット

メキシコのスワップポイントの付与額が各FX会社上昇傾向です。ヒロセ通商(LION FX)の1日だけの最高付与額は18円。トレイダーズ証券の(みんなのFX)と(LIGHT FX)は15.5円と2.5円上昇。さてさてどうなるか?今後もチェックしていきます。

佑菜(Yuna)

 

この記事を書いている人 - WRITER -