【トルコリラ円のFXスワップポイント比較推移】1位はくりつく365!(2019年10月28日から11月3日実績)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

トルコリラスワップ派の侑です。先週のトルコリラ円を取り扱っているFX会社のスワップポイント実績・比較・推移の報告です。

侑(Yuu)

私はメキシコペソをチェックしてるよ!スワップポイント投資の収益の源泉であるスワップポイント付与額の推移は要チェック項目だからね!

佑菜(Yuna)

トルコリラ円のスワップポイントをFX会社別に比較集計!ランキング(10月28日~11月3日)

トルコリラ円を取り扱っているFX会社の週間スワップポイント付与額とランキングは以下のとおりです。データは公式ホームページよりスワップポイントの付与履歴を公開している会社を集計。
※日別のスワップポイントの付与額は「週間スワップポイント付与額順位」の後に「日別詳細」を載せています。

店頭FXサービス会社(2019年10月28日~2019年11月3日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
トレイダーズ証券(みんなのFX) 368円
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 368円
FXプライムbyGMO(選べる外貨) 364円
マネーパートナーズ(パートナーFX) 350円
マネーパートナーズ(nano) 372円
ヒロセ通商(LION FX) 354円
サクソバンク証券(SaxoTraderGO) 326.01円
GMOクリック証券(FXネオ) 321円
セントラル短資(FXダイレクトプラス) 220円
SBI FXトレード 317円
マネースクェア 93円
外為どっとコム(外貨ネクストネオ) 335円

※単位は10,000通貨当たり

くりっく365サービス取り次ぎ会社(2019年10月28日~2019年11月3日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
GMOクリック証券 389円
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
FXブロードネット

※くりつく365は取引単位が10万通貨の為、10,000通貨当たりに換算

1位はGMOクリック証券に代表される公設取引所FXサービス(くりっく365)です。2位はマネーパートナーズ(nano)でした。3位はトレイダーズ証券(みんなのFX)と(LIGHT FX)です。

侑(Yuu)

日別スワップポイントの詳細(2019年10月28日~11月3日)

日別のFX会社別のスワップポイントの付与履歴です。

FX会社 /日 28 29 30 31 1 2 3
トレイダーズ証券(みんなのFX) 60 55 200 53 0
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 60 55 200 53 0
FXプライムbyGMO(選べる外貨) 0 52 52 208 52
GMOクリック証券FXネオ) 43 43 192 43 0
インヴァスト証券(トライオートFX) 過去履歴非公開
マネックス証券(マネックスFX) 過去履歴非公開
デューカスコビージャパン  過去履歴非公開
セントラル短資(FXダイレクトプラス) 0 40 35 120 25
SBI FXトレード 47 47 180 43 0
FXトレードフィナンシャル  過去履歴非公開
IG証券  過去履歴非公開
 楽天証券  過去履歴非公開
フィリップ証券  過去履歴非公開
マネースクェア 0 14 14 52 13
マネーパートナーズ(パートナーFX) 52 50 200 48 0  ー  ー
マネーパートナーズ(nano) 60 52 208 52 0  ー
ヒロセ通商(LION FX) 50 56 144 56 48  ー
サクソバンク証券(SaxoTraderGO) 0 53 51.01 175.01 47  ー
外為どっとコム(外貨ネクストネオ) 55 47 188 45 0
以下はくりつく365サービスです。
GMOクリック証券 55 57 226 51 0  ー
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
 FXブロードネット

1日当たりの最高額のスワップポインはマネーパートナーズ(nano)とトレイダーズ証券(みんなのFX)と(LIGHT FX)の60円でした。

しかし・・・・直近では50円前半です。いやはや、下がる下がる・・・。12月12日もトルコ中央銀行の政策金利発表があります。まだ利下げしそうな気がします。ですが利下げでもトルコリラ円は崩れません。これが不思議?? また怖いところです。 みなさんはどう考えますか?。

私は、トルコリラ円の2回目の複利積立運用はまだ再開の予定はなしですね。

侑(Yuu)



 

この記事を書いている人 - WRITER -