【メキシコペソスワップポイント比較推移】セントラル短資FXが1位!(2019年9月30日から10月6日実績)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

メキシコペソスワップ派の佑菜です。先週のメキシコペソ円を取り扱っているFX会社のスワップポイントの比較推移、実績報告です。

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。スワップポイント投資の収益の源泉であるスワップポイント付与額の推移は要チェック項目です。

侑(Yuu)

メキシコペソ円のスワップポイント付与額をFX会社別に週間ランキング(9月30日~10月6日)

メキシコペソ円を取り扱っているFX会社の週間スワップポイント付与額とランキングは以下のとおりです。データは公式ホームページよりスワップポイント履歴を公開している会社を集計。

※日別のスワップポイントの付与額は「週間スワップポイント付与額順位」の後に「日別詳細」を載せています。

店頭FXサービス会社(2019年9月30日~2019年10月6日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
トレイダーズ証券(みんなのFX) 84円
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 84円
FXプライムbyGMO 84円
マネーパートナーズ(パートナーFX) 77円
マネーパートナーズ(nano) 77円
ヒロセ通商(LION FX) 85円
サクソバンク証券 68.74円
セントラル短資FX
(FXダイレクトプラス)
92円
マネースクエア 77円
GMOクリツク証券(
FXネオ)
86円
外為どっとコム(外貨ネクストネオ)  86円

※単位は10,000通貨当たり

くりっく365サービス取り次ぎ会社(2019年9月30日~2019年10月6日)

FX会社 順位 週間スワップポイント付与額
GMOクリック証券 78円
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
FXブロードネット

※くりつく365は取引単位が10万通貨の為、10,000通貨当たりに換算

1位はセントラル短資FX(FXダイレクトプラス)です。2位がGMOクリツク証券(FXネオ)と外為どっとコム(外貨ネクストネオ)です。3位はヒロセ通商(LION FX)です。

佑菜(Yuna)

日別スワップポイントの詳細(2019年9月30日~10月6日)

FX会社別の日別のスワップポイントの付与額です。

FX会社
/日
30 5 6
トレイダーズ証券(みんなのFX) 12 12 36 12 12
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 12 12 36 12 12
FXプライムbyGMO 12 12 12 36 12
マネーパートナーズ(パートナーFX) 11 11 33 11 11
マネーパートナーズ(nano) 11 11 33 11 11
ヒロセ通商(LION FX) 13 13 33 13 13
サクソバンク証券 9.47 10 10.03 29.53 9.71
セントラル短資FX(FXダイレクトプラス) 13 13 13 39 14
マネースクエア 11 11 11 33 11
GMOクリツク証券(
FXネオ)
13 12 36 13 12
外為どっとコム(外貨ネクストネオ) 13 12 36 13 12
以下はくりつく365取り次ぎサービスです。
GMOクリック証券 11.2 11.3 34.2 11.1 10.2  ー
インヴァスト証券
岡三オンライン証券
外為オンライン
為替ライフ
FXブロードネット

1日あたりのスワップポイントの最高額はセントラル短資FXで10月4日の14円でした。メキシコペソも、若干スワップは低下傾向にみえますね。今後のメキシコ中央銀行の政策金利しだいといったところでしょうか?

佑菜(Yuna)



この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です