【ポーランドズロチ円ユーロ円サヤ取りブログ】無風な時はいつまで続く?(2019年1月第4週)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

うーん。ポーランド円ユーロ円のサヤ取り&ズロチ円ユーロ円スイングトレード派の凜です。今週のサヤ取り運用報告です!

凜(Rin)

はい! 今週も無風でしょう?

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。 まぁイギリスのブレクジットまではおだやかな日々じゃないかなぁ。

侑(Yuu)

そもそもユーロ円ポーランドズロチ円のスワップサヤ取り取引とは?

まずはサヤ取り投資方法についてのおさらいです。スワップサヤ取りとは相関性の高い通貨の売りと買いのポジションを保有し為替変動を相殺し、スワップポイントだけ抜き取る投資方法です。
▼詳しくはこちらの記事で
ポーランドズロチとユーロ円のサヤ取り!為替リスクゼロで年利16.2%

またズロチユーロ円のスワップサヤ取りの発展形として、わずかな価格差の歪みを利用したスイングトレードも可能です。
ポーランドズロチ円ユーロ円のサヤ取りスイングトレードは勝率100%!?

凜のポーランドズロチ円ユーロ円のサヤ取りポジション詳細(1月4週目)

ポーランドズロチ円とユーロ円の相関を利用したスワップポイントのサヤ取り取引を始めるにあたり、スプレッド分マイナスからスタートになります。

FXプライムbyGMOの選べる外貨でのスペックでは、スプレッドは
ユーロ円が0.9銭 ポーランドズロチ円が5.9銭です
よってポーランドズロチユーロサヤ取りポジションを作成時にはユーロ円で▲90円、ズロチ円で▲2,537円あわせて▲2,627円からのスタートになります。

計算方法
①ユーロ円スプレッド0.9銭→1万通貨売りの場合→90円
②ズロチ円スプレッド5.9銭→4万3千通貨買いの場合→1万通貨で590円です。→2,537円
合せて、サヤ取りポジション合計2,627円

2019年1月4週目のサヤ取りポジション詳細

それでは、まず1月26日の凜のポーランドズロチ円ユーロ円サヤ取りポジションの詳細を見てみましょう。凜の総資産はどうなったのでしょうか?

▼ズロチ円の買いポジション(4万3千×4本)

▼ユーロ円売りポジション (1万×4本)

4本まとめて計算しています。

スワップ収入累計:5,670円 (ズロチ円のスワップ5,424円+ユーロ円のスワップ246円)前週比+1,502円
為替損益:7,351円      (前回4,069円から3,954円プラス)前週比-672円
損益合計:13,021円     (前回6,441円から5,750円プラス) 前週比+830円

為替損益が前週比でマイナスになりました。まぁこれはしかたがありません。基本的な考えでは為替差益はプラスマイナス0以上なら良しとします。スワップ益をメインに考えています。

評価損益が膨らむ理由はこちらの記事で→ポーランドズロチ円ユーロ円サヤ取り狙いより、逆相関時の短期売買がお得!

 今週のコメント:うーん。無風だ・・・・。

当然と言えば当然ですがおだやかなズロチユーロスワップサヤ取り運用です。

EUR/PLNが4.3を超えることもありませんでした。もし4.3を超えることがあればポジションをもう一つ増やしたいところですが・・・。それにはちょつと投資資金がありません。ポジションをもし増やすとしても半年後くらいでしょうか。貯金しないと(笑)

3月29日にはイギリスのEU離脱=ブレクジットです。ここで欧州通貨であるユーロ・ズロチの変動率は激しくなるでしょう。このビックイベントでも相関が崩れなければポジションを増やしていくのもアリかもしれません。

はい! うーんポーランドは政治も安定しているからね。

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。 東欧では一番の人口、面積、経済だね。

侑(Yuu)

うーん!まぁポーランドが堅調な経済成長を遂げた理由はEUと距離を置いているところも上げられます。通貨ズロチを採用しているところが典型例です。EUの不安要素の影響をダイレクトに受けにくい為です!!

凜(Rin)

ポーランドズロチ円とユーロ円のサヤ取り投資方法はこちら

ポーランドズロチ円とユーロ円のサヤ取りスイングトレード投資方法はこちら
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です