【トルコリラ円FX複利積立運用ブログ】トルコリラ20円を固められるか?(10月第4週)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

侑のトルコリラ円のスワップ複利積立運用の週間報告です!

侑(Yuu)

はい! トルコリラは戻してきたねぇ。ここからはどこまで戻るかが気になるところだね。そろそろ上昇も一息つきそうな気がするけど・・・。上がり続ける通貨はないからねぇ。

佑菜(Yuna)

うーん。確かにそろそろ上昇もひと段落して落ち着く相場になるような気がしていたけど、どうなるか?

凜(Rin)

侑のトルコリラ円の総資産とポジション詳細(10月28日)

それでは、まず侑のトルコリラ円の総資産はどうなったのでしょうか?みてみましょう!
▼トレイダーズ証券(みんなのFX)の口座

トルコリラの積立口座はメインでトレイダーズ証券のみんなのFXを利用しています。理由はスワップポイントがFX会社の中で一番高いからです。トレイダーズ証券のみんなのFXはトルコリラ円が1日112円のスワップポイントに上昇しております。

▼トルコリラ円を扱っている各FX会社のスワップポイント実績、日別詳細はこちら。毎週チェックしています。
→トルコリラスワップ週間実績比較ランキングで載せています。

トルコリラ円のスワップポイント複利積立の総資産とポジション詳細(10月28日)

1)トレイダーズ証券(みんなのFX
入金額:60,000円 (レバレッジ1倍)→プラスロスカット設定により実質レバレツジで管理
保有ポジション損益:10,997円
決済   :▲6,081円
運用合計:4,916円

1)2018年8月購入トルコリラ円1,000買いポジション(トルコリラショック臨時購入1回目)

8月10日のトルコリラショックの後、臨時積立購入をトレイダーズ証券(みんなのFX)で実施。臨時購入1回目。
約定価格:16.952
建玉評価損益:2,923
累計スワップ:794円
約定評価損益:3,856円

2)2018年8月購入トルコリラ円1,000買いポジション(トルコリラショック臨時購入2回目)

8月のトルコリラショック後に1回目の臨時購入を実施した後追加で購入しました。購入会社は(みんなのFX)で実施。トルコリラショック臨時購入2回目です。
約定価格:17.943
建玉評価損益:2,071
累計スワップ:784円
約定評価損益:2,855円 

トルコリラ円の複利積立運用のルールの中の「暴落時には買いにいく」ルールを実施した形です。

3)2018年9月購入トルコリラ円スワップ複利積立1,000買いポジション

9月のドルコスト積立の購入分です。
約定価格:17.803
建玉評価損益:2,211
累計スワップ:394円
約定評価損益:2,605円

4)2018年10月購入トルコリラ円スワップ複利積立1,000買いポジション

10月のドルコスト積立の購入分です。
約定価格:18.793
建玉評価損益:1,221円
累計スワップ:286円
約定評価損益:1,507円

5)2018年10月購入トルコリラ円ピラミッティング投資方法1,000買いポジション

10月のピラミッティング投資方法での購入分です。
約定価格:19.928
建玉評価損益:86円
累計スワップ:88円
約定評価損益:174
10月からピラミッティング投資方法をスワップ複利積立運用に取り入れています。含み益のポジションを全てプラスロスカット注文をいれて、実質ノーポジ状態扱いにし新規でポジションを増やす方法です。相場の上昇局面に有利な投資手法です。

ピラミッティング投資方法の詳しい仕組みはこちら

トルコリラ円の今週のコメント

トルコリラ円スワップ複利積立運用の前週比でみてみます。
前週はトルコリラ口座は3,826円です。
今週はトルコリラ口座
4,916になりました。(決済▲6,081ポジション10,997)前週比で1,090円のプラスです。
(#^.^#)損切もカバーして、プラス転換です。
トルコリラ複利積立運用では最高額ではないですかねぇ。

※決済損切り▲6,081円も含んでいます。  (ToT)/~~~

▼損切は過去の記事で・・・・

今週はトルコリラ円は上昇しました。20.014円で終了です。今週の始値が19.87円ですから約0.14銭の上昇でした。どうにか20円台をキープして今週終了です。

今気になるテーマを書いてみました。
①アメリカ株式NYダウや日経平均が不安定で大崩れ状態です。
②サウジアラビアの反政府記者の殺害
③アメリカ中間選挙を控えた中での共和党の苦戦
④イギリスのブレクジツト問題
⑤イタリアの政治、財政問題
なんか暗いムードの話題が多いです。世界は繋がっていますからトルコリラ相場にどのような影響を与えるか・・・。ホント解らないことばかりです。世界が不安定になればなるほど、積立投資の安定感を再確認します。
特にイタリアの財政問題、予算問題は通貨ユーロの下落に作用するでしょう。EUの経済危機は主要貿易相手国でトルコにも悪影響です。なんか前のギリシャ危機を連想させられます。EUはイギリスのブレクジツト問題も抱えています。

11月第1週のトルコリラの見通しなど

来週はトルコリラがしつかり20円台をキープできるかがポイントです。ここを固めれば一段の上昇が期待できるような気がします。でもなんかの拍子でスコンと下げそうなきもしますね・・・。
もしかしたらそろそろ本当の世界的金融危機が近ずいてきているような気がします。そうなれば暴落トレードの出番ですが・・・。

来週の見通し:トルコの経済指標発表スケジュール(10月29日から11月4日)

来週のトルコの経済指標発表

10月31日 16:00 貿易収支 9月 予測▲24.2億ドル

後アメリカの雇用統計の発表が2日にあります。アメリカ中間選挙が11月11日です。今年も終わりですが、まだまだひと波乱ありそうです。

うーん!とりあえず11月の購入はゆつくり積立るのがいいかもねぇ。いろいろネガティブな問題も多いし!

凜(Rin)

はい!確かにねぇ。ここ最近では一番、世界的にみて投資環境は不安定な気がする・・・。

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。まずは2日のアメリカの雇用統計、11日のアメリカ中間選挙結果を確認してからどうするか判断していくことになるね。

侑(Yuu)

▼佑菜と侑の実施しているスワップ複利積立+暴落購入の運用の仕組みはこちら

▼凜のスワップ自動増殖永久機関投資(全額一括投資)の仕組みはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です