2019/02/08

貧乏人はレバレッジを掛けるな!レバレッジは時間に掛ける!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

最近、ちょっと思う事があったよ。話を聞いてくれるかなぁ。

侑(Yuu)

はい! なに?なに? 何か心配ごとかい! なんでも相談にのるよ。

佑菜(Yuna)

うーん。 不幸話は私は大好物だよ。 「人の不幸は蜜の味」とは私の大好きな言葉だよ(笑) 

凜(Rin)

貧乏人=金融資産(現金・貯金)=投資金額の私達はどうすればよい・・・・

FXでレバレッジを掛けて複利積立投資をするブログを読むことがあります。しかしレバレッジを掛けて複利積立運用をスタートしたブログは過去すべて全滅しています。

2019年トルコリラは20円です。歴史的安値が2018年8月トルコリラショックで15円台を記録しました。そこから見れば5円も戻してきています。これをチャンスととらえレバレッジを掛けて積立運用をしているブログも出てきました。

私はトルコリラに代表される高金利通貨にFXでスワップ狙いの複利積立運用を不定しているのではありません。反対に積極的に高金利通貨にスワップ投資をすべきだと考えています。若い時からはじめればはじめるほど運用期間が長くなり利益を上げる可能性は高まると考えています。しかしそれには条件があります、それは

レバレッジを掛けない=レバレッジ1倍で積立運用をするということです。

レバレッジを掛けるとメンタルから負けてしまう現実・・・

2018年8月のトルコリラショックで、トルコリラに投資していた人の多くは強制ロスカットで退場しました。しかし中には損切ロスカットした人も多くいたはずです。損切しなければ現在のトルコリラの戻り局面とスワップ金利の上昇でまだ生き延びる可能性はあったかもしれません。

つまりレバレッジを掛けると、保有している現金の減少ですべての投資金が溶けてしまう恐怖にかられ、全財産を失う恐怖から損切ロスカットしてしまいます。私も経験があります。人間であれば当然の行動です。行動心理学からも証明されています。

レバレッジを掛けるとメンタルから負けるのです。

投資金額=全財産(現金・貯金)の貧乏人の私達は、レバレッジを掛けてスワップ収入を増やす行動より、投資金額がすくないからこそ時間を見方にし長期間スワップ収入を得ることに注視すべきです。

レバレッジ2倍の運用は、2倍の期間運用継続すればいっしょです!

FXの為替市場は未来永劫無くなることはありません。為替市場が無くなる時は世界同一通貨誕生の時です。これは私達が生きている間では実現はしないでしょう。

短期間で利益をたくさん上げよう、儲けようとし人は皆レバレッジの魔力の引きずり込まれます。ですが、スワップ運用期間が長ければそれだけでも低金利の日本では考えられないような運用益を得ることが出来ます。

私はレバレッジを掛ける事は、運用期間を延ばせば同じと考えます。

短期間で大きく儲ける事は運が良ければ可能です。しかし長期で継続することは私達一般人は不可能です。

うーん! 私は短期トレードの時はレバレッジを掛けかつロスカット設定を入れてトレードするよ(怒)。

凜(Rin)

はい! まぁそれは短期トレードでしょう! これは長期投資 スワップ積立運用の話だよ!

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。 まぁまぁこれは私の独り言です。結局は長期で勝ち続ける人が正義の世界だけどね。

侑(Yuu)

▼佑菜と侑の実施しているスワップ複利積立+暴落購入の運用の仕組みはこちら
この記事を書いている人 - WRITER -