トルコリラ円のスワップポイント収入で投資金額を何年で回収できるか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ねぇ!投資なら投資したお金を回収しないと意味ないよね?トルコリラ円のスワップポイントでどのくらいの期間で投資金を回収できるの?

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。するどくなってきたなぁ。確かに言う事は正論だね。ではしつかり調べてみようか!

侑(Yuu)

トルコリラ円のスワップポイントで投資金額を回収するには?

FXでトルコリラ円のスワップポイント収入で投資金額を回収するには期間はどのくらいかかるのでしょうか?トルコリラ円のスワップポイント益狙いの運用も立派な投資方法です。キャリートレードとも言われます。投資である以上投資した金額を回収出来なければいけません。投資した金額を回収してからのスワップポイント収入が本当の利益です。
投資したお金を早く回収するにはレバレッジを上げてスワップ収入を増やす方法があります。しかしレバレツジを上げるとロスカットされるリスクも上がります。

そこで今回はトルコリラ円のスワップポイントで投資資金を回収する場合、レバレッジ別に回収期間とロスカット値について調べてみました。

検証の前提条件
1.トルコリラ円の為替レートは2018年3月の取引価格から27.00円で設定
2.トルコリラ1万通貨のスワップポイントを1日90円を設定
.取引単位は1000通貨単位

尚、検証ではスワップポイントの税金20%は今回は考慮していません。よってスワップポイントが毎年課税されるFX会社を選べば検証結果より投資回収期間は少し長くなる可能性があります。
スワップポイントの税金が気になるかたはこちら→スワップポイントの税金をトルコリラ円が取引できるFX会社の中で比較

では計算してみましょう!

トルコリラ円をレバレッジ1倍で運用

投資金額 100万円
レバレツジ1倍の投資可能額 100万円
購入トルコリラ数量 3700トルコリラ
1日のスワップ収入 333円
投資金額回収日数(年) 3004日(8.2年)
ロスカットされるレート ロスカットされない
変動率     ーー

投資した金額は8.1年まてばすべて回収出来ます。

トルコリラ円をレバレッジ2倍で運用

投資金額 100万円
レバレツジ2倍の投資可能額 200万円
購入トルコリラ数量 74000トルコリラ
1日のスワップ収入 666円
投資金額回収日数(年) 1502日(4.1年)
ロスカットされるレート 13.5トルコリラ(下落幅13.5)
変動率 50%

投資金額回収期間の4.1年の間にトルコリラが50%下落し13.5円になれば投資したお金を回収できなくなります。

トルコリラ円をレバレッジ3倍で運用

投資金額 100万円
レバレツジ1倍の投資可能額 300万円
購入トルコリラ数量 111000トルコリラ
1日のスワップ収入 999円
投資金額回収日数(年) 1002日(2.7年)
ロスカットされるレート 17.99円 (下落幅9.01円)
変動率 33.4%

投資金額回収期間の2.7年の間にトルコリラが33.4%下落し17.99円になれば投資したお金を回収できなくなります。

過去のトルコリラの為替レートの推移と変動率

過去のトルコリラ円の為替レートです。

始値 高値 安値 終値 変動幅 変動率
2007  84.62  99.67  78.39  95.47  21.28  25.15
2008  95.45  95.76  52.65  58.84  43.11  45.17
2009  58.86  66.80  52.30  62.06  14.50  24.63
2010  62.07  63.94  52.29  52.56  11.65  18.77
2011  52.66  56.87  40.28  40.70  16.59  31.50
2012  40.88  48.72  40.51  48.60  8.21  20.08
2013  48.65  56.62  46.87  48.93  9.75  20.04
2014  48.95  53.98  42.88  51.32  11.10  22.68
2015  51.33  52.18  38.80  41.16  13.38  26.07
2016  41.28  41.28  30.61  33.12  10.67  25.85
2017  33.10  33.21  27.98  29.64  5.23  15.80

過去の為替レートを見る限り一年で為替レートは20%は変動すると予測した方がよさそうです。最近のトルコリラ円は最安値を切り下げて変動しています。
過去のトルコリラレート→トルコリラの為替レートの推移

投資資金回収期間とレバレッジとロスカットの関係

投資回収を考えるならばレバレッジ1倍で運用した方が間違いありません。しかしその時に為替レートが買値の半分になっていれば含み損が発生します。しかし買値より値上がりしていれば含み益が得られます。
為替レートの未来は誰も正確に予測できませんが、買値より為替レートが上昇していけば含み益を決済することで、投資回収期間を短縮することが可能です。

トルコリラスワップ生活のポイント
・投資資金の回収期間はレバレツジを上げれば短くなる。
・レバレッジを上げるとロスカットの可能性が高まる。

投資したお金を早く回収しようとすれば全て失う可能性があります。投資金を必ず回収しようと思えば投資金をスワップポイントで回収するまではレバレツジ1倍で運用し、投資金を回収したらレバレッジを上げて積極的にスワップポイント収入を上げていく方法が考えられます!

侑(Yuu)

この記事を書いている人 - WRITER -