2018/04/19

トルコリラ急落をチャンスに変える!暴落した時に全額一括購入する投資方法を検証する

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ねぇ!よく大多数の人の反対のことをすれば投資では儲かるとか、常識の逆の行動をすれば儲かるとかいうけど本当かな?

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。すべては結果論だからね。あとから言っても投資では意味が無いからね。それに、リーマンショックの時の大暴落で買いに行ける人はよほど胆力がある人だよ。精神が強くないと暴落時には買にいけないのが普通の心理だよ。もし暴落後に、トルコリラを全力買いしたらどうなるか調べてみようか!

侑(Yuu)

暴落をチャンスに変える?全額一括購入投資方法

トルコリラのスワップ狙いの投資では、どれだけ安くトルコリラを買えるか?が大きな成功の要因になります。うまくいけばトルコリラの為替レートの値上がり益とスワップポイント収入を得る事ができるからです。

100年に一度と言われたリーマンショック(2008年9月)後にトルコリラ円に投資資金を全額一括購入した場合どうなったのでしょうか?

 

検証前提条件
・レバレッジは1倍で投資
・スワップポイントは85円とします。金融危機後はスワップポイントが安定しないため低めに設定
・投資金額は100万円とします。
・全額一括購入のタイミングはリーマンショックの翌年2009年1月1日の始値とする
・検証期間は2007年1月1日から2017年12月31日の10年間

始値 高値 安値 終値 変動幅 変動率
2007  84.62  99.67  78.39  95.47  21.28  25.15
2008  95.45  95.76  52.65  58.84  43.11  45.17
2009  58.86  66.80  52.30  62.06  14.50  24.63
2010  62.07  63.94  52.29  52.56  11.65  18.77
2011  52.66  56.87  40.28  40.70  16.59  31.50
2012  40.88  48.72  40.51  48.60  8.21  20.08
2013  48.65  56.62  46.87  48.93  9.75  20.04
2014  48.95  53.98  42.88  51.32  11.10  22.68
2015  51.33  52.18  38.80  41.16  13.38  26.07
2016  41.28  41.28  30.61  33.12  10.67  25.85
2017  33.10  33.21  27.98  29.64  5.23  15.80

リーマンショック後にトルコリラをレバレッジ1倍で100万円全額一括購入した場合

2009年1月1日の始値であるトルコリラ58.86円で100万円、レバレッジ1倍で買える量は16,000トルコリラになります。

10年後の為替損益とスワップポイント収入

為替損益 スワップポイント
▲467,520  496,400

10年後の為替損益+スワップ収入

為替損益+スワップポイント合計
    28,200

年度別の最安値記録時の為替損益

安値 為替損益
2009  52.30 ▲104,960
2010  52.29 ▲105,120
2011  40.28 ▲297,280
2012  40.51 ▲293,600
2013  46.87 ▲191,840
2014  42.88 ▲255,680
2015  38.80 ▲320,960
2016  30.61 ▲452,000
2017  27.98 ▲494,080

年度別の最高値記録時の為替損益

高値 為替損益
2009  66.80  127,040
2010  63.94    81,280
2011  56.87  ▲31,840
2012  48.72  ▲162,240
2013  56.62  ▲35,840
2014  53.98  ▲78,080
2015  52.18  ▲106,880
2016  41.28  ▲281,280
2017  33.21  ▲410,440

検証結果からわかること

為替レートが一括購入後下落し続けるならば損もしないが、もうけもない。
為替レートが一括購入後下落し続けるならばレバレッジ1倍以上ではロスカットになる。

今回の検証ではトルコリラが検証期間の10年の間に29.22円下落しました。その為スワップポイント収入がすべて為替差益損で相殺されました。もしもトルコリラの為替レートが下落幅が半部,あるいは変わらない、上昇したのならば大きく利益をだせます。
別の考えをすれば10年で約29円も為替レートが下落してもスワップポイント収入で損はしないとも言えます。

全額一括投購入資方法のメリットとデメリット

メリット
・なんといっても簡単である。
・損をしたくなければ、保有し続けることでプラマイゼロにはもっていける
・為替レートが上がるか、あまり変わらないのなら利益を出せる可能性が高い
・スワップポイントを分割で買うよりはじめからたくさん貰える

デメリット
・為替レートが下落し続ければ塩ずけになる。
・長期保有が投資の前提になり資金効率、利回りが悪い。
・投資金額の全額を使用すると下落した時に購入単価を下げる為の買い増しができない

暴落した後の全額一括購入投資方法では為替レートが購入価格より高くなる時に売り抜けることも可能です。
また、全額一括購入はタイミング(購入するレート)しだいでは、結果が大きく変わります。

侑(Yuu)

参考記事
・トルコリラの為替レートの推移

この記事を書いている人 - WRITER -