2019/10/16

スワップポイント投資は会社(新規事業計画書)を作ることに似ている!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今月トルコリラでスワップポイント投資を行います。運用方法は通貨分散ドルコスト複利積立を採用します。投資スタートする前に投資計画書を作ってみたよ!

侑(Yuu)

はい!スワップポイント投資に投資計画書って必要なの!

佑菜(Yuna)

投資をする前にその投資の有効性(リスクとリターン)を再確認する為に必要だと私は思うよ。そこまでしても必ず儲かる保障がないのは会社の創業や新規事業といっよだよ!

侑(Yuu)

はい!まぁちょっと興味が出てきたよ!詳しくおしえてよ!

佑菜(Yuna)

そもそも事業計画書って何?スワップポイント投資に必要?

銀行などで出資や創業資金の融資を受ける時に事業計画書が必要になります。その内容を審査して銀行は融資を決定します。銀行側は事業計画書を読み込み、ちゃんと返済できるかどうかを判断します。

社内での新規事業立ち上げや企画もすべて事業計画書に類するものがあります。稟議書などもひとつの事業計画といっていいでしょう。会社のお金を使用するにはその収益性、必要性を説明、証明しなければなりません。

個人で行うスワップポイント投資は自分のお金を資金として使いますので、自分一人で決済しているとも言えます。自分の判断で全て決められます。

しかし一度立ち止まって、スワップポイント投資をする前にスワップポイント投資を事業と考え事業計画書を作ることによりリスクとリターンを明確化見える化が出来るようになります。

では一緒にスワップポイント投資の事業計画書を作ってみましょう!

これだけは押さえておきたいスワップ投資事業計画書の書き方とポイント

スワップポイント投資を友達や親から資金を借りてしようとした場合、友達や親は大切なお金をあなたに貸してくれますか?普通は自分のお金でやれ!と言われるでしょう。大切なことは他人が事業計画書を読んでお金を貸してもいいなぁ、と思われれば、そのスワップポイント投資は実行する価値があると判断できます。

スワップ投資計画書の書き方その1 「事業コンセプト」

なぜリスクをとってスワップポイント収入狙いの投資をやるのか明確ですか?

ポイントとしては
・スワップポイント投資の必要性をどう考えているか?これは各個人の置かれた立場によって違いますが、しっかりと信念がありますか?

スワップ投資計画書の書き方その2 「3年後のビジョン」

具体的に3年後の自分が目標とするリターン=利益はいくらですか?それを達成可能と考える理由はなんですか?
具体的な理由をしっかり考えてみます。

特にスワップポイント投資では始めるタイミングがその後の運用成績を大きく左右します。なぜ今始めるのか?そこに視点をあてて考えることが大切です。今でなくても良い理由があればその理由もしっかり考えることが重要です。

スワップ投資計画書の書き方その3 「事業の社会的環境」

これは社会的環境について分析しその背景からスワップポイント投資が成功する可能性についてまとめます。
ポイントとしては以下の項目です。

・投資先通貨の過去の為替レートの推移
・投資先通貨の政策金利の推移
・投資先国の政治的状況
・投資先国の格付け
・投資先国の経済成長性

スワップ投資計画書の書き方その4 「競合他社の分析」

ここでは利用するFX会社の強み、弱み、将来性、信頼性を分析します。スワップポイント投資では長期間のつき合いになります。
ポイントは以下の項目です
・スワップポイントを安定して高く提供してくれるFX会社かどうか?
・高金利通貨の取扱いに力をいれているFX会社かどうか?

スワップ投資計画書の書き方その5 「ビジネスモデル」

このスワップポイント投資が継続的に儲けられる仕組みになっているのか?スワップポイント投資の仕組みは
利益=スワップポイント収入+投資先為替レート
で成り立ちます。
スワップポイントを最大化する仕組みと為替レートの下落を最小化する仕組みについて考えます。またスワップポイント投資は「休む」ことも出来ます。そこがリアル事業と違いです。その判断基準は決まっていますか。

スワップ投資計画書の書き方その6 「財務計画」

将来、どれだけ利益を上げる可能があるのか?反対に将来どれだけ損失になる可能性があるのか?具体的な数字で3年間は考えてみます。あまり長期の5年先10年先を考えても経済環境社会環境は変わりますので必要ないと思います。

スワップポイント投資をスタートすれば計画の見直しは必要になる前提で考えるべきです。通常の会社の事業計画もそんなもんです。

スワップ投資計画書の書き方その6 「資金計画」

ビジネスプラン=スワップポイン投資を継続していく為の資金はどのように確保するのかについて考えます。スワップポイント投資の毎月積立運用するならば、その資金は間違いなく確保できるかどうか?がポイントになります。

最終的には利益には税金がかかりますので、税金の支払いを運用益からだすのか、別の資金から出すのかも考えておきましょう。

スワップポイント投資事業計画書のまとめ

FXの仕組みを利用した、スワップポイント狙いの通貨分散した複利積立運用は安全性はかなり高い投資方法です。レバレッジ1倍であることが前提ですとロスカットになることはありません。事業で言えば倒産することはないという事です。

その為、「投資計画を深く考えることは時間の無駄」と考えることも出来ます。

めんどくさい作業ですが、投資計画書を作る過程で「スワップポイント投資の予想される障害と対策」が見えてくることがあります。
投資条件は人それぞれ違います。スワップポイント投資をするならその前にしっかり考えることは結果的に良い結果を生むことにつながるでしょう。

▼ちなみに私のスワップポイント投資計画書は以下に書いています。興味ある方は参考にしてみて下さい。
【ブログで公開】FX初心者の最強の投資方法!通貨分散ドルコスト複利運用積立

▼その後の投資計画の修正版はこちら
Re:フラッシュクラッシュとサクソバンクで始めるスワップ投資入門!大規模反攻作戦始動!【スワップ投資鎮守府指令部】

 

この記事を書いている人 - WRITER -