2019年4月トルコリラ6%利下げ!利下げ暴落の準備と対策を詳細に解説!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

トルコが利下げするかも知れないねぇ?今から少しは準備・対策を考えていた方がいいかもねぇ。

侑(Yuu)

はい!? トルコリラの通貨暴落防衛でトルコは利上げしたのに、また利下げしたらトルコリラは暴落するんじゃないの?。 大丈夫なの?。

佑菜(Yuna)

うーん。 確かにトルコは何が起こるか解らないからねぇ。準備と対策は考えておいても損はないよねぇ。 

凜(Rin)

トルコリラが2019年4月から利下げに転換!本当なのか?

2019年2月28日の記事によれば、3月の地方選挙が終われば利下げに転換するという予測をしています。今年度末までに6%利下げが予測です。

確かにそれなりに理由があります。

・2月にトルコ中央銀行は預金準備率を引き下げている。
・エルドアン大統領は完全なる金利利下げ派。
・選挙結果にもよりますが、支持率確保のため利下げ政策をとる可能性が高い。
・景気対策の為にも金融緩和政策を政治的に志向する。

利下げなら間違いなくトルコリラは暴落する。その最安値は?

利下げとなれば、間違いなくトルコリラは売られます。利下げペースにもよりますが史上最安値の更新かそれに近い水準までは下がると予測します。
ちなみにトルコリラの史上最安値は2018年8月のトルコリラショック時の約15.40円です。(約と書いたのはFX会社によって若干違うからです。)

2019年3月1日現在1トルコリラは20.9円前後です。計算を単純にするため1トルコリラ21.0円とするならば
10%下落で2.1円下落の18.9円
20%下落で4.2円下落の16.8円
30&下落で6.3円下落の14.7円
になります。

このぐらい暴落しても大丈夫なように資金管理をしておく必要があります。もっと積極的に考えるならば最安値を狙い「暴落購入」の用意をしておく手もあります。
▼暴落購入の準備についてはこちらの記事で紹介
フラッシュクラッシュ大暴落をチャンスに変える!暴落全額一括投資トレードを設定する。

トルコリラ利下げ暴落の対策を考える

トルコリラが利下げに入り暴落するならその準備と対策は何があるのでしょうか?

・最安値を狙って暴落購入
・利上げに政策転換まで積立中止
・レバレッジ1倍で積立購入の継続
・既存ポジションの調整(20%損失でロスカット一時撤退)

普通の考えると上記の4個の対策が思い浮かびます。私は現在もレバレッジ1倍ですので暴落はチャンスと考えています。ただし、底値ゾーン、あるいは利下げ期間中は毎月積立を中止し、利上げ転換した月に中止していた積立資金を一括投入しまとめて買うことも考えています。
為替レートの動きを見極めて後出しジャンケンぐらいのタイミングで購入するのがちょうどいいと考えます。

はい! 確かにトルコの選挙結果しだいではエルドアン大統領がトルコ中央銀行に利下げ圧力をかけてくる可能性はあるねぇ。またトルコはエルドアンVSトルコ中央銀行になるねぇ。

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。 トルコリラはトルコの政治にどうしても影響されるよねぇ。

侑(Yuu)

うーん。 でもまぁ それも想定内でしょう。最近おだやかなトルコリラだったからそろそろ眠れるトルコリラが起き出すかもね(笑)

凜(Rin)

▼佑菜と侑の実施しているスワップ複利積立+暴落購入の運用の仕組みはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です