2018/07/28

トルコリラ円でスワップ金利生活の実現可能性とリスクを調べてみた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ねぇ!トルコリラ円はスワップポイントが高く人気通貨ベアって聞いたけど、実際1日どのぐらい貰えるの?まじでスワップ金利で生活できたりしちゃうの?

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。同じFX会社でもサービスによってスワップポイントは差があったりするからね。スワップ金利で生活出来るかどうかは出来るとも言えるし、出来ないとも言えるかな。スワップ投資にかけるレバレッジが一つの肝だよ。一度しつかり調べてみようか!

侑(Yuu)

トルコリラ円のスワップポイントで生活するには?

「FXのスワップポイントで生活できたらいいなぁ」と思う人は多いでしょう。ここではトルコリラ円のスワップポイントで生活するのはどうすれば可能かを考えてみました。

トルコリラ円のスワップポイントで生活できるかは、用意する資金とレバレッジを何倍で取引するかにより変わってきます。今回は為替変動にも耐えられると思われるレバレッジ2倍で検証してみました。
レバレッジについてはこちら→最大レバレッジをトルコリラ円が取引できるFX会社の中で比較

検証の前提条件
1.トルコリラ円の為替レートは2018年3月の取引価格から27.00円で設定
2.トルコリラ1万通貨のスワップポイントを1日90円を設定
.取引単位は1000通貨単位
.レバッジは2倍で必要証拠金を計算
では計算してみましょう!

トルコリラ円で毎月30万円のスワップポイントを得る生活

年間スワップ
収入
360万円
月間スワップ
収入目標
30万円
1日の必要
スワップ収入
1万円
必要トルコリラ 111万2千
トルコリラ
必要証拠金 1501万2千円

1500万円は大金です。しかし退職金があれば可能な数字かもしれません。家庭を持っていても質素にくらせばデフレの日本では十分生活できます。1500万円で年収360万円、月間30万円です。

トルコリラ円で毎月20万円のスワップポイントを得る生活

年間スワップ
収入
240万円
月間スワップ
収入目標
20万円
1日の必要
スワップ収入
6700円
必要トルコリラ 74万5千
トルコリラ
必要証拠金 1005万8千円

1000万あれば月間20万のスワップ収入が可能です。普通の会社員でも1000万を貯める人は珍しくありません。すこし現実身があります。共働き夫婦なら数年で投資金額を貯めることが出来そうです。約1006万で年収240万円、月収20万円です。

トルコリラ円で毎月10万円のスワップポイントを得る生活

年間スワップ
収入
120万円
月間スワップ
収入目標
10万円
1日の必要
スワップ収入
3400円
必要トルコリラ 37万8千
トルコリラ
必要証拠金 510万3千円

510万あれば月10万円のスワップ収入が確保できます。生活の足しにも十分な金額です。会社員をしながらスワップ収入が10万あれば生活の幅は大きく変わるでしょう。510万円で年収120万円、月収10万円です。

トルコリラ円で毎月5万円のスワップポイントを得る生活

年間スワップ
収入
60万円
月間スワップ
収入目標
5万円
1日の必要
スワップ収入
1700円
必要トルコリラ 18万9千
トルコリラ
必要証拠金 255万2千円

255万で月5万円のスワップ収入です。独身の方、家庭を持つ人のおこずかいの足しには満足のいく金額です。255万円で年収60万円、月収5万円です。

トルコリラ円で毎月3万円のスワップポイントを得る生活

年間スワップ
収入
36万円
月間スワップ
収入目標
3万円
1日の必要
スワップ収入
1000円
必要トルコリラ 11万2千
トルコリラ
必要証拠金 151万2千円

151万で月3万円です。毎月3万あればちょっとした欲しいモノは買えます。貯金に回すのもいいかもしれません。151万円で年収36万円、月収3万円です。

トルコリラ円で毎月1万円のスワップポイントを得る生活

年間スワップ
収入
12万円
月間スワップ
収入目標
1万円
1日の必要
スワップ収入
340円
必要トルコリラ 3万8千
トルコリラ
必要証拠金 51万3千円

これは初めてFXでトルコリラにスワップポイント目的で投資する人の一つの目標になるかもしれません。51万円で年収12万円、月収1万円です。

トルコリラ円でスワップ生活をする為に必要なお金と購入数量の目安は以上のような結果です。それではもう少し話を進めて、過去のトルコリラ為替レートから実現の可能性を調べてみましょう。

 

スワップ金利生活に必要なトルコリラの購入方法は?一括購入と積立購入とドルコスト平均法で比較

ねぇ!トルコリラ円はスワップポイントで生活する資金と購入量がわかっているなら、お金を貯めてトルコリラを買えばいいだけじゃん!私もやってみようかな?

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。でも話はそんなに簡単じゃないんだよ。為替レートの変動があるからね。為替レートが動かないなら言うとおりだけど。過去の為替トルコリラの為替レートを当てはめて本当にトルコリラのスワップポイント生活がどうなるか見てみようか?

侑(Yuu)

検証1:スワップ金利生活をめざし、トルコリラを一括購入したら、どうなるか?

では今ある程度まとまったお金を投資に回せことが出来た場合、スワップ金利生活を目指してトルコリラ円のスワップ投資をしたらどうなるでしょうか?
今回はトルコリラ円で月3万円のスワップポイントを得る生活を例に検証してみる事にします。
6年前の2012年1月1日にトルコリラを購入したらどうなっていたでしようか?
検証の前提条件
1.トルコリラ1万通貨のスワップポイントを1日90円を設定
.取引単位は1000通貨単位
3.2012年1月1日にレバレツジ2倍で月3万のスワップ収入を目的に一括購入
4.検証結果判定日、2017年12月31日

では計算してみましょう!

年度 入金額
(証拠金)
為替レート
(始値1/1日)
購入数量
トルコりラ
為替レート
(2017/3/31)
為替損益
(12/31日)
年間スワップポイント 証拠金
増加率
2012 2,289,000 40.88 112,000 48.65  870,240 367,920 38.0
2013  なし 48.65 なし 48.95  903,840 367,920 39.5
2014  なし 48.95 なし 51.33  1,170,440 367,920 51.1
2015  なし 51.33 なし 41.28  44,800 367,920  2.0
2016  なし 41.28 なし 33.10 ▲ 871,360 367,920 ▲38.1
2017  なし 33.10 なし 29.64 ▲1,258,880 367,920 ▲55.0

※証拠金増加率は入金した投資金を100として何パーセント増減したかを計算。スワップ益は生活費で出金しているという仮定で証拠金の積み増しには含めず。

2012年から2015年までは、トルコリラ円の購入金額を年度末終値では上回っています。よって為替差益もプラスになりました。しかし2016年、2017年はトルコリラ購入金額40.88円を年度末終値では下回りました。2017年の12月31日ではマイナス1,250,880円の為替差益が発生しています。

トルコリラが今後、10円ほど下落し19.64円を記録すれば入金額・証拠金はゼロになります。2017年12月31日でも証拠金が55%無くなっています。
月3万円のスワップポイント生活を継続する為には、追加で証拠金を入金することが必要です

検証2:投資資金(証拠金)を用意出来ない場合、毎年少しずつ購入する方法ではどうなるか?

紹介した例では、初めからある程度まとまった資金がある人が一括でトルコリラをFXで購入した場合の検証です。では、まだまとまった資金を用意出来ない人は、どうすればよいのでしょうか?
次に毎年トルコリラを一定量購入すれば、トルコリラスワップ金利生活は可能になるかどうかを検証してみます。
2012年から2017年まで毎年1月1日に2万トルコリラをレバレッジ2倍で購入をしていたら、どうなっていたのでしょうか?
検証の前提条件
1.トルコリラ1万通貨のスワップポイントを1日90円を設定
.取引単位は10000通貨単位
3.毎年1月1日にレバレッジ2倍で20000トルコリラを購入。期間は2012年~2017年の直近6年間
4.検証結果判定日、2017年12月31日

では計算してみましょう!

年度 入金額
(証拠金)
為替レート
(始値1/1)
購入数量 為替レート
(2017/3/31)
為替損益(購入ポジション別(2017/12/31) 年間スワップポイント 証拠金
増加率
2012  408,800 40.88 2万 29.64 ▲224,800 65,700 ▲55.0
2013  486,500 48.65 2万 ▲380,200 131,400 ▲78.2
2014  489,500 48.95 2万 ▲386,200 197,100 ▲78.9
2015  513,300 51.33 2万 ▲433,800 262,800 ▲84.5
2016  412,800 41.28 2万 ▲232,800 328,500 ▲79.6
2017  331,000 33.10 2万 ▲69,200 394,200 ▲20.9

※証拠金増加率は入金した投資金を100として何パーセント増減したかを計算。スワップ益は生活費で出金しているという仮定で証拠金の積み増しには含めず。

2017年12月31日の検証数値の合計は以下のようになりました。
・入金額              2,641,900
・購入額             120,000
・為替損益         ▲1,727,000
・スワップ合計        1,379,700
・証拠金増加率           ▲65.4%

2013年から2016年の4年で4回購入したトルコリラ円の為替損が大きいです。また2014年、2015年、2016年2017年に購入した各2万トルコリラのポジションはロスカットされている可能性があります。
ロスカットについてはこちら→ロスカットって何?

検証3:ドルコスト平均法で毎年の投資資金予算内でトルコリラを購入すればどうなるか?

検証2の例では、毎年トルコリラの購入量を決めてトルコリラの保有高を積立ていく方法でした。では毎年のトルコリラ購入金額を決めてその中でトルコリラを購入量を決めるドルコスト平均法で購入すれば、どうなるのでしょうか?

検証の前提条件
1.トルコリラ1万通貨のスワップポイントを1日90円を設定
.取引単位は1000通貨単位
3.毎年1月1日に投資資金40万円を入金しレバレッジ2倍でトルコリラを購入。期間は2012年~2017年の直近6年間
4.検証結果判定日、2017年12月31日

では計算してみましょう!

年度 入金額
(証拠金)
為替レート
(始値1/1)
購入数量 為替レート
(2017/3/31)
為替損益(購入ポジション別(2017/12/31) 年間スワップポイント 証拠金
増加率
2012 400,000 40.88  19,000 29.64 ▲213,560 62,415 ▲53.4
2013 400,000 48.65  16,000 ▲304,160 114,975 ▲76.0
2014 400,000 48.95  16,000 ▲308,960 167,535 ▲77.2
2015 400,000 51.33  15,000 ▲325,350 216,810 ▲81.3
2016 400,000 41.28  19,000 ▲221,160 279,225 ▲55.3
2017 400,000 33.10  24,000 ▲83,040 358,065 ▲20.8

月3万円のスワップ収入を目指してスタートしましたが、こちらの検証結果でも2013年から2015年に購入したポジションの為替差損が大きいです。ロスカットをさけスワップポイント生活を継続するには証拠金積み増しが必要です。
この検証のスワップポイントの内訳は以下のようになります。
ポジション別スワップポイント収入の年別内訳

年度 購入
数量
2012年スワップ収入 2013年スワップ
収入
2014年スワップ
収入
2015年スワップ収入 2016年スワップ収入 2017年スワップ
収入
合計
2012年
ポジション
19,000 62,415 62,415 62,415 62,415 62,415 62,415 374,490
2013年
ポジション
16,000 52,560 52,560 52,560 52,560 52,560 262,800
2014年
ポジション
16,000 52,560 52,560 52,560 52,560 210,240
2015年
ポジション
15,000 49,275 49,275 49,275 147,825
2016年
ポジション
19,000 62,415 62,415 124,830
2017年
ポジション
24,000 78,840 78,840

 

3つのスワップポイントで生活する為の投資方法の検証結果の比較

それでは一度、3つのトルコリラの購入方法の検証結果を整理いたします。

検証名 入金額 トルコリラ
総購入高
為替損益
(2017年12月31日
証拠金
増加率
検証1:一括購入 2,289,000  112,000  ▲1,258,880  ▲55.0
検証2:積立購入 2,641,900  120,000  ▲1,727,000  ▲55.4
検証3:ドルコスト平均法購入 2,400,000  109,000  ▲1,456,230  ▲60.7

3つの検証の投資方法すべて大きな為替差損を計上になりました。証拠金も3つの検証とも55%以上を失っています。3つの検証ともレバレッジ2倍でした。レバレッジをかけず1倍ならば、入金額が2倍になり、証拠金増加率のマイナスも半分になります。

3つの検証結果より
・レバレッジ2倍ではトルコリラ円の過去の変動率ではどのような方法でトルコリラ円を買ってもスワップポイント生活は厳しいことが予測されます。

ではスワップポイントを引き出さなければどうなったのか?

先ほどの3つの検証ではスワップポイント収入を金利生活に充てるため、証拠金の積み増し、為替差損の補填には使用しませんでした。ではスワップポイントを引き出さなければどうなったのでしょうか?

検証名 入金額 トルコリラ
購入高
為替損益
(2017年12月31日
スワップ収入 為替損益+スワップ収入 証拠金
増加率
 検証1:
一括購入
 2,289,000  112,000  ▲1,258,880 2,207,520 948,640  41.4
 検証2:
積立購入
 2,641,900  120,000  ▲1,727,000 1,379,700 ▲347,300 ▲13.1
 検証3:
ドルコスト
平均法購入
 2,400,000  109,000  ▲1,456,230 1,199,025 ▲257,205 ▲10.7

検証1の一括購入では、スワップポイントを検証期間中の6年間、総保有数のスワップポイントを初めから貰えます。そのため、スワップポイント収入が他の検証例より比較して倍近く多くなります。
スワップポント収入を引き出さなければ、ロスカットされる恐れはなくなります。投資収支も劇的に改善されます。

史上最安値を更新するトルコリラを史上最大のチャンスに変える!

ねぇ!トルコリラのスワップポイントで生活が出来きるか出来ないかは為替レートの推移しだいってことかぁ。

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。トルコリラ円は史上最安値を更新しているからねぇ。でもこれからトルコリラ円に投資しようとしている人は最高のチャンスかもしれないよ!

侑(Yuu)

ねぇ!どういうこと?言っている意味がわからないよ。過去のトルコリラ円の為替レートの推移じゃどんな買い方しても金利生活は難しかたったよ?

佑菜(Yuna)

そうだねぇ。トルコリラ円が史上最安値を更新しているということは、トルコリラを史上最安値で買えるチャンスという事と、最大の下落の目途が立つといことだよ。例えば20円の通貨は下落しても19円ということ。通貨の価値は無くならないから1円までしか下落しない。そういうことだよ!

侑(Yuu)

為替レートから考えるトルコリラ円で金利生活の可能性

先ほどの投資方法の検証からわかることをまとめました。
・レバレッジは2倍以下でトルコリラで保有する。レバレッジ2倍では追加の証拠金の入金の必要の可能性が高い。
・スワップポイントは引き出した金額の半分は生活費、おこずかいに使い、残りの半分は相場変動リスク対応・納税の資金として確保しておく資金管理が必要です。
・一括購入、積立購入、ドルコスト平均法購入のいずれの投資方法でもスタートする相場レートが最重要。成功の鍵です。

スタートする相場レートが最重要です。考えてみれば当たり前の話で、同じ品質・効果が期待できるなら安く買うのが良い買い方です。経済的合理的な買い物の方法です。トルコリラを商品と考えるならばこんな感じです。

トルコリラを商品と見ると
・品質=スワップポイント・・・高ければ高いほど良い
・効果=長期間にわたり品質を保持する

そう考えるとトルコリラの史上最安値で購入すればいいことが解ります。しかし問題は誰にもトルコリラの史上最安値がいつくるのか解らないことです。それがわかればみんなトルコリラで金利生活者になれます。
リスクコントロールを最重要優先で望めばトルコリラ円のスワップポイントで金利生活、おこずかい生活は可能です。為替レートをみながら出金金額を調整していく方法です。用意出来る投資金額に関係なくリスク(相場変動)を常に抑えることが出来る人がトルコリラでスワップ金利生活が出来る人です。

現在史上最安値を更新しているトルコリラの史上最大の最も安く買える時です。

トルコリラでスワップポイントで生活をしようとするなら、トルコリラを安すく買うのに越したことはありません。先ほどの検証ではスワップポイント生活の難しさを示す結果が出ました。その結果が出たのはトルコリラの為替レートが下落しているからです。しかし今のトルコリラの下落局面は最大のトルコリラの購入チャンスとも言えます
トルコリラの下落をチャンスに変える方法
・同じ資金でも、トルコリラが下落している分安く買える。数年前と比較して、資金量の少ない人でもたくさん買えるということです。
・トルコリラの最大下落幅を予測し投資計画を立てることが出来る。(今トルコリラが27円ならば下落しても26円とういう事です)
トルコリラの為替レートの下落は、トルコリラを長期で保有したい人にとってはチャンスともいえるのです。

トルコリラの為替レート別購入資金とスワップポイントによる購入資金回収期間

トルコリラ
為替レート
10万
トルコリラ
購入必要資金(レバレッジ1倍)
年間
スワップ
ポイント※
購入資金回収期間
27.00 2,700,000 328,500  8.2年
26.00 2,600,000  7.9年
25.00 2,500,000  7.6年
24.00 2,400,000  7.3年
23.00 2,300,000  7.0年
22.00 2,200,000  6.7年
21.00 2,100,000  6.4年
20.00 2,000,000  6.1年
19.00 1,900,000  5.8年
18.00 1,800,000  5.5年
17.00 1,700,000  5.2年
16.00 1,600,000  4.9年
15.00 1,500,000  4.6年
14.00 1,400,000  4.3年
13.00 1,300,000  4.0年
12.00 1,200,000  3.7年
11.00 1,100,000  3.3年
10.00 1,000,000  3.0年
 9.00  900,000  2.7年
 8.00  800,000  2.4年
  7.00 700,000  2.1年
  6.00 600,000  1.8年
  5.00 500,000  1.5年
  4.00 400,000  1.2年
  3.00 300,000  0.9年
  2.00 200,000  0.6年
  1.00 100,000  0.3年

※1万トルコリラのスワップポイント90円で計算
トルコリラのスワップポイントで生活を目指し10万トルコリラを買おうとしている人は、1円為替レートが下がれば10万円安く買えることがわかります。また購入資金をスワップポイントの収入で回収を考えるならば、1円為替レートが下がるたびに約0.3年(約4ヶ月)早く回収できるようになります。

投資資金回収期間の適正値

普通のビジネスの場合、投資したお金の回収期限はリスクを考えて一般に3年未満が望ましいです。投資回収を考えるならばトルコリラが10.0円以下になればスワップポイント収入で3年以内で回収できるようになります。
投資回収期間が短くなるとういうのは、投資をする側からすれば大きなメリットがあります。
投資回収期間についてはこちらの記事で→投資回収期間って何?

通貨レートが安くなれば未来の最大為替差損も予測できる

トルコリラ円の為替レートが10.0円になれば10万通貨をレバレッジ1倍で100万円で買えるようになります。今後最大で下落してトルコリラが1円になれば90万の為替差損が発生します。つまり下落対策としてあと90万用意しておけばロスカットはされません。

以上が史上最安値を更新しているトルコリラ円の投資方法の考え方になります。

スワップ金利生活でのトルコリラ円の理想のレバレッジは1倍です。それでもリスクはあります。

最後にトルコリラのスワップポイントを長期で保有することのリスクを考えてみます。

・金利生活はスワップポイントを出金しますので、レバレッジを下げる為に証拠金を積みますことに使えません。
・トルコ共和国がデフォルトしたらトルコリラは4分の1まで下落する可能性があります。
デフォルトについてはこちらの記事で→デフォルトって何?
・今回のレバレツジ2倍の検証です。つまり購入したトルコリラのレートが半分になればロスカットされます。
・トルコ政策金利の切り下げ→スワップポイントの低下
政策金利についてはこちらの記事で→政策金利って何?
・トルコ共和国の格付けの引き下げ→為替レートの下落
各付けについてはこちらの記事で→格付けって何?

将来の事は誰にも解りません。しかし考えられるリスクはすべて考えておくべきです。

トルコリラスワップ生活のポイント
トルコリラスワップポイントはFX会社によってかなり違います。長期で高いスワップポイントを得られるFX会社を選ぶことが大切です。また生活費にするなら保有ポジションを決済しなくてもスワップポイントを出金できるFX会社を選ばなくてはいけません。

スワップポイントの将来予想については
トルコリラ円のスワップポイント(買い・ロング)をFX会社ごとに比較

スワップポイントを出金できる会社については
スワップポイントのみ出金できるFX会社(トルコリラを取引可能な21社)を調査
スワップポイントの税金については

スワップポイントの税金をトルコリラ円が取引できるFX会社の中で比較

現在トルコリラは歴史上の安値近辺で推移しています。しかしトルコ共和国はインフレ抑制、貿易赤字解消のため高金利が続いています(金利は上がる可能性のほうが高い)。これをチャンスと考えるかリスクと考えるか?あなたはどう考えますか?

侑(Yuu)

今回の記事の関連データ(クリツクすると別記事が開きます)
トルコのインフレ率(消費者物価指数)
トルコの政策金利
トルコの貿易収支
トルコリラの為替レートの推移
トルコの外貨準備高

▼こちらは最強のスワップポイント投資方法「通貨分散ドルコスト複利積立運用」の仕組みについての記事です

この記事を書いている人 - WRITER -